法人デビットカードを選択すべきケース

クレジットカードの審査に通らない

法人クレジットカードではなく、あえて法人デビットカードを選択すべきケースとして、どういったものが挙げられるでしょうか。まず、キャッシュレス決済を取り入れたいが、クレジットカードの審査に通らないという場合です。会社としての実績がまったくない、あるいは会社の代表者が過去に金融事故を起こしているという場合だと、法人クレジットカードの発行が見送られる可能性が高いです。デビットカードであればクレジットカードよりも発行されやすく、支払いシステムはクレジットカードの一回払いとほぼ同じなので、代替手段としては十分ありといえます。
とりあえず会社が軌道に乗るまではデビットカードを利用し、実績を積んでクレジットカードの審査に通る可能性が出てきたら切り替えるというのもいいでしょう。

債務を負わず余計なお金を支払いたくない

債務を負いたくないという場合はデビットカードを積極的に選ぶべきです。デビットカードは銀行口座からリアルタイムでお金が引き落としされるので、銀行に対して債務を負わずに済みます。また、決済システム的に利息もかからないので、その点でも有利といえるでしょう。
社員による不正なカード使用を阻止したいという場合もデビットカードを選択した方がいいといえます。というのは、クレジットカードの場合、利用してから実際に請求書が届くまでタイムラグがあり、不正利用されてもその間、まったく気づかないことがあり得るからです。デビットカードなら支払いで使えばすぐに法人口座の残高が減るので、もしおかしな利用があれば比較的早く見つけることが可能です。

© Copyright The Difference In Payment. All Rights Reserved.