法人デビットカード作成時に必要な書類

入会審査はないが口座開設の書類が必要

法人デビットカードはクレジットカードと違い審査がありません。そのため起業したての方でも気軽に申し込むことができるのがメリットです。ただし法人デビットカードは法人口座とセットになっているので口座開設をするための書類が必要です。デビットカードそのものの発行に書類は必要ないので覚えておきましょう。ちなみに法人口座開設をするときに必要になる書類ですが会社の商業登記簿謄本を提出しましょう。さらにその会社の運営実態を把握できる資料なども必要です。会社の代表者の身分証明書や実印の他に、会社の定款なども用意する必要があります。代表者の印鑑証明書といったものを用意します。上記の必要書類を提出しても、口座開設ができるとは限らないので注意しておきましょう。

法人口座開設がネックになる

法人デビットカード自体は問題なく発行できますが法人口座開設がネックです。口座開設で引っかかってしまうと法人デビットカードを持つことができません。そこで法人口座開設を妨げる要素を理解しておきましょう。基本的に審査基準は各金融機関により非公開にされています。ただ一般的に審査を通過できない法人は共通点があるので理解しておくとよいです。例えば資本金が非常に少ない企業は審査を通過できません。1円会社などは特に注意が必要です。また固定電話を設置していない企業や登録の住所がレンタルオフィスの場合も気をつけましょう。企業の公式サイトがなかったり事業目的が曖昧な企業もアウトです。以上を理解して書類提出をすれば法人口座を開設できる可能性も上がります。

© Copyright The Difference In Payment. All Rights Reserved.