法人デビットカードの特徴

リアルタイムで精算されるので無駄な作業が増えない

法人では専用のクレジットカードの他にデビットカードというものが利用できます。これはリアルタイムで決済されるものなのでクレジットカードとはちょっと違います。デビットカードを使用して商品を購入したときに同時に銀行口座から料金が引き落としされるシステムです。そのためクレジットカードのように厳しい審査がなく多くの方が利用できます。また法人デビットカードはクレジットカード同様の国際ブランドが付帯します。加盟店でのみ決済をする事ができる仕様です。海外に出張などをして加盟店があればそこで法人デビットカードを使えます。クレジットカードのように後日一括支払いにならないので事務処理を大きく軽減できるのが強みです。

手数料や発行枚数について

法人デビットカードは銀行が発行しています。そのため発行元の銀行を利用すればコスト削減ができるのがメリットです。例えば振込手数料を割引してくれます。さらに無料にしてくれるところもあるのでお得に法人デビットカードを使えるのがメリットです。1回あたりの手数料は50円や200円くらいです。少なく見えますが毎回利用をすればコストはかさむので無料になるのはかなりお得な内容でしょう。注意点として発行枚数が限定されています。例えばブランドにより1枚しか発行できないものや10枚までなど決まっています。たくさん発行できるものはほとんどが年会費有料です。会社規模を考えて利用するブランドを選ぶと自社にふさわしい法人デビットカードを選択できます。

© Copyright The Difference In Payment. All Rights Reserved.