法人デビットカードと法人クレジットカードとの主な相違点

支払いタイミングが違う

法人デビットカードと法人クレジットカードの大きな違いは、支払いタイミングが異なることです。クレジットカードは決められた支払日に銀行口座から引き落とされる後払いの方式ですが、デビットカードは決済したその時点で引き落とされます。未払い金として処理する必要がなくなり、事務や経理の負担を軽くさせられるのが利点です。しかし、支払いまでに猶予がないので、資金繰りが大変になるデメリットもあります。また、クレジットカードが使用可能でもデビットカードは使用できない場面もあるので注意しましょう。公共料金やプロバイダー料金など、毎月支払いが発生するようなものやガソリンスタンド、有料道路の支払いでは、デビットカードが使えない場合がほとんどです。

カードの特典や審査基準が異なる

法人デビットカードは銀行が発行しているカードです。そのため、発行元の銀行で振り込むと手数料が割引される特典が付帯されているカードが多いです。しかし、ポイントが還元されない、もしくは還元率が低いので、法人クレジットカードと比べたときに付帯サービスが物足りない一面もあります。また、デビットカードはクレジットカードに比べて審査が甘いことも特徴です。犯罪防止を目的に法人口座の開設のための審査が厳しくなっていることもあり、法人口座を開設できるのならデビットカードは基本的に作れると考えて良いでしょう。カード発行までにかかる時間も短く済みます。デビットカードは、起業したばかりの会社やクレジットカード審査に通らない会社におすすめです。

© Copyright The Difference In Payment. All Rights Reserved.